バナー

散骨で自然に回帰する

遺骨をお墓におさめることが今までは一般的でしたが、近年はお墓の存在についての考え方に変化が生まれています。
それに合わせるように、散骨という方法を選ぶ人が増えています。

散骨は海や山など自然の中で行い、人間も自然サイクルの一部として考え、自然の中に回帰したいという考えから行われています。



お墓を建てるのであれば、建設費用や管理費用がかかりますし、霊園などの毎年管理料を支払う必要も出てきますが、散骨であればそのようなものは一切必要ありません。

遺骨をまいた場所に出向けば、お墓詣りと同じように、厳かなな気持ちになって故人と向き合うことができます。



散骨をするときには、いくつかの配慮が必要になります。遺骨を一見して遺骨だとわからないように、細かく砕いてパウダー状にする必要があります。

遺骨を砕くことは個人でもできますが、業者に依頼することもできます。
また、どこにでも遺骨をまいていいというわけではありません。

自治体によっては禁止している場所もありますし、私有地にまくのもいけませんから、事前に確認しておくようにしましょう。そしてマナーとして、人目につくような場所に撒くのはやめるようにしましょう。


山の場合は奥まった場所にし、海の場合は海岸沿いから離れた場所にしましょう。

NAVERまとめについて知りたいならこちらです。

散骨のお手伝いをしている業者が複数あり、海で撒く場合は貸し切りの船を出してくれます。

遺族が船にのって、故人と最後の別れをしながら撒くことができます。