バナー

冠婚葬祭に関連する知識で樹木葬が注目されています

近年冠婚葬祭に関連して人々の話題になっているのが自然葬です。

誰しも自分の死後の弔い方には関心があるものですが、少子高齢化が進む現代にあっては従来の墓石を用いたお墓を子や孫の代に受け継いでもらうやり方に不安を持っている人は少なくありません。

コトバンクについての意見を伺いました。

その点自然葬ならばお墓の管理や維持の負担を子孫に強いらないですみます。勿論そのような現実的な理由ばかりではなく自然の懐に抱かれて眠りにつくことに大きな魅力を感じて自然葬を選ぶ方も大勢いらっしゃいます。
自然葬には幾つかの種類がありますが、その中でも近年特に注目を集めているのが樹木葬です。


これは木や花といった樹木を墓石代わりの目印として遺骨を埋葬する方法で、自然葬の中でも比較的近年行われるようになった新しい弔い方です。樹木葬は行政の許可が下りた墓地や霊園に遺骨を埋めて弔います。



その地に植えられた樹木が墓標となる訳ですから、同じ自然葬でも特定のお墓を持たない山や海への散骨とはその弔い方が異なります。

また樹木葬には大きく分けて里山に遺骨を埋める里山型と管理された霊園に埋葬する公園型があります。
里山型は年月が経つと埋葬した場所の特定が難しくなりがちですが、埋葬が植樹を伴った自然環境への貢献という点が魅力です。
一方公園型には樹木ごとに個別の区画が設定されているタイプや大きめの樹木の下で合同埋葬されるタイプ、まるで庭園のようなガーデニングタイプなど様々な埋葬形式の霊園があります。



樹木葬を含めた冠婚葬祭に関連する知識は調べれば調べるほど新しい発見が見付かります。
冠婚葬祭について詳しい情報を提供してくれるサイトもインターネット上には数多くありますので積極的に活用してみると良いでしょう。