バナー

樹木葬という自然に還る埋葬方法

昔と今とでは供養の仕方が随分と変化があります。

遺骨の埋葬方法に関してもそうですが、昔は菩提寺や町内の墓地の権利を買い取り、墓石店に墓石の建立をお願いし、お坊さんに開眼法要をお参りしてもらうというかたちが一般的でした。



しかし、近頃は子供がいない夫婦や、子供がいても娘しかいない、あるいは長男がいても跡を継ぐつもりがない家庭向けに自然葬と呼ばれる埋葬方法が一般化してきています。


自然葬とは海に還す海洋葬、納骨した上に樹木を植える樹木葬のことを言いますが、年間の管理費がいらなかったり、墓石を建てるよりも安価で出来るため、大変人気のある埋葬方法といわれています。最近では樹木葬もペットと一緒に眠ることが出来る墓地が増えてきていますので、犬や猫が亡くなった際にお骨を残しておき、自分が亡くなった時に一緒に埋葬してもらうという人もいます。
昨今のペットブームでペットも家族と同じと考える人がたくさんいらっしゃいますので、亡くなった後も一緒にいることが出来ると故人も喜ばれることでしょう。
また、樹木葬は最近よく出てきた埋葬方法ですので、昔ながらの霊園とは違いトイレや駐車場が完備されている場所も多く、ご高齢の方でもお参りしやすくなっているのが特徴です。



宗旨や宗派などを問わない墓地も多いため、無宗教の方でも埋葬出来て良いです。

コトバンクをさらに詳しく調べてみませんか。

生前予約が出来る墓地もありますので、詳しく知りたい場合は葬儀会社か菩提寺に相談すると良いでしょう。